先日、お二人の主婦の方が金継ぎのワークショップに参加してくださいました。
「継ぐ」というと、割れたものを継いで合わせることが多いですが、淵が欠けてしまったモノも、金継ぎで味のある食器に生まれ変わります。

私も、よく食器をぶつけて淵が欠けてしまうことがあるのですが、モノの原型は残っているので未練がありつつも、危ないしみっともなくて捨ててしまう…。

今回のお客様も「お気に入りのカップだったので、良かった」と嬉しそうなお顔で帰っていかれました。

金継ぎのノウハウを習得すると、暮らしの中で「気に入ったモノを長く大切に使う」という選択肢ができますね。