近所の空き地・HELLO GARDENで、「黄色いナットが欲しい!」とのご相談がありました。市販のものでは、なかなか欲しい色と大きさがないそう。

そこで、西千葉工作室の3Dプリンタを使って、ナットをつくることに。ソフトを使って設計し、データを読み込みます。そうすると、溶けたプラスチック樹脂が押し出されながら少しずつ積み上がり、ナットが出来ていきます。10分ほどで、あっという間に完成!

3Dプリンタという名前はよく聞くけど、仕組みがよくわからない。なんとなく、大それたものをつくる機械というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

生活の中で不便を感じたときに「アレがないから、つくっちゃお!」くらいに3Dプリンタを使えたら、すごく便利だな〜と感じます。まずは、ちょっとした身近なもの・必要なものをつくるのに、チャレンジしてみませんか?