昨年大盛り上がりだった「ヘボコン」。今年も来たる文化の日に、西千葉工作室で開催します!ヘボコンとは一体なんぞや?というと、”技術力が低い人限定”のロボット相撲大会です。(ヘボコンについては、ぜひこちらをご覧ください! https://youtu.be/YCx_scvzxNY

「ロボットなんてつくったことない・・・」「めちゃくちゃ不器用です・・・」「技術も知識もありません・・・」そんな方こそ大歓迎!史上稀に見る、ヘボヘボロボットたちが死闘を繰り広げます。

なんだか面白そう、興味ある!という方、ぜひご参加ください♪まったく知識も技術もない方のために、大会までの2ヶ月間、毎週日曜日と火曜日に〈ヘボコン相談室〉もオープンしますよ^^
※簡単なロボットをつくるのに必要な部品や材料は、西千葉工作室でも販売しています。

<イベント詳細>
■日時
11/3(金)祝日
13:00〜15:00
■参加費
無料
■持ち物
あなたがつくったヘボいロボット
■大会エントリー
メールにて、下記の情報をお送りください。
info@nishichibakosakushitsu.com
氏名/年齢/連絡先/エントリー人数
エントリー締め切り:10月25日(水)

<ヘボコン相談室>
■開催日
9/2〜11/3の間、毎週火・日曜日 10:00~19:00
■料金
相談は無料です。(相談のみのご利用でも大丈夫です)
※製作も一緒に行う場合は、別途工作室利用料・材料代・技術指導料がかかります。

<ヘボコンについて>
■競技内容
・ロボット相撲
■基本ルール
・100cmx50cmのフィールドで闘います
・両端から同時にロボットをスタート
・先にフィールドから出た方が負け
・転倒したら負け
■例外規程
・ロボット同士が接触しないうちにどちらかがフィールドから出たら再試合
・1分以内に勝負がつかない場合は移動距離が短いほうが負け
■ロボットの規定
・技術的に稚拙であること
・倒れないように背の低いロボットを制作するのは反則ではありません
・故意に相手のロボットを破壊しに行く装置(自走式電動ドリル等)はおやめください
・サイズは50cm x 50cm以内
・重量1キロ以内

■ハイテクノロジーペナルティ
以下の機能を実装すると、ペナルティが課せられます
・遠隔操縦
・自動操縦(各種センサーの情報や時間経過、移動距離等をトリガーとしたコントロール)
・その他、審査員が高度であると認めた機能

※ペナルティはその機能が発動した試合ごとに毎回つきます。発動しなければつきません
※技術的に稚拙な実装方法であればペナルティはつきません。
例:市販のラジコンの上にウサギのぬいぐるみを貼り付けただけのマシンは遠隔操縦の独自実装には当たりません
※「審査員が高度であると認めた機能」については制作前に確認できるように質問用スレッドを用意しています。(ペナルティの減点数は1試合1機能あたり6点。)
※掲載画像は、本家本元のデイリーポータルZさんにお借りしました。
※「ヘボコン@西千葉工作室」は西千葉工作室主催のイベントです。