千葉大学に通うスタッフの女の子が、レザーをハサミで切ったり糸で縫ったり、黙々と定期入れをつくっていました。ぐにゃぐにゃしたものを描くのが得意な彼女の定期入れには、素敵な蔓(つる)の絵が。
どうやって描いたのか聞いてみたところ、なんと「はんだごて」で焼きつけたそう。レザーバーニング(焼き絵)は、本来”電気ペン”という専用の道具を使いますが、はんだごてでお手軽にイラストや文字を入れることもできるのですね。(革の素材によっては上手く焼けないこともあるので、十分調べてから試してみてくださいね)

新しいはんだごての使い方、発見です!