チーズには目がないスタッフの「ラクレットヒーターでトロットロのチーズを食べたいよ〜〜!!(だけど買うと高いよ〜〜!!)」という一言から、生まれました!

ヒーターはトースターを分解して取り出し、本体は工場で使うアルミフレームを使用。さらに、電子工作が得意なスタッフが火力調節をできるように、回路を組んでくれました!昭和感漂うレトロなスイッチをつけて、完成。

なんとこのスイッチ、半世紀前から同じデザインだそう。製品のスイッチというと今はスタイリッシュなデザインが多いけれど、これほど存在感があるスイッチもなかなか愛らしいです。

今日は記念すべき試作第一弾!アルミむき出し、電子回路むき出しのな武骨なラクレットヒーターを囲んで、「もっとこんな機能があれば楽しいね」なんて話しながら唐揚げとチーズを食べました。やっぱりアツアツが美味しい♪

一人で黙々と何かをつくるからこその発見もあるし、みんなのアイデアや知恵を持ち寄るからこその発見や改良も、なにかをつくりあげる過程での醍醐味ですね!

このラクレットヒーター、年末の忘年会に向けてまだまだ改良予定です^^