今日は、糸鋸を使って大量の木材を切っている男性がいます。肩に大きな神輿ダコ。なんでも神輿が大好きで、浅草まで担ぎにいくとか!神輿好きが高じて、今では祭りで使う看板を浅草の看板屋さんに卸しているそうです。

着物の模様入れや映画看板の製作など、ずっとものづくりの仕事をやられてきたそうで「今までのキャリアが全部今に生きてるんだよ」と話してくれました。

切り出し始めてからもう6時間、黙々と切り出す姿はまさに職人!