千葉大学に通うスタッフの男の子。いつも「自分の家をいかに快適にするか」と、情熱をメラメラと燃やしています。隙間にぴったりハマる棚をつくったり、収納ボックスをつくったり。この日も、工作室で丸ノコを使ってキッチンをつくっていました。 
 
当て木があった方が便利と思ったそうで、いつのまにか丸ノコ用の当て木までつくってくれました。スタッフの興味が様々なので、日々いろんな部分でお店がアップデートされています!
(※丸ノコの貸し出しは、特定のスタッフが駐在している時間に限定しています。通常時は貸し出しをしていません。詳しくはお問い合わせください)